previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider

ルート66

 ルート66
Historic Route 66 Illinois, Missouri, Kansas, Oklahoma, Texas, New Mexico, Arizona, California
MY FA VO RI TE
現代に生きる歴史街道

ルート66はアメリカ中西部、イリノイ州シカゴからスタートしアメリカ西海岸カリフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755km)の旧国道。1926年に建設され1985年に廃線となりその後はナショナルシニック・バイウェイ(National Scenic Byway)に指定された。
初期には産業道路として大型トラックの物流を担い、1930年代にはカンザス、オクラホマからカリフォルニアへ向かう移住者で溢れ返った。ジョン・スタインベックは「怒りの葡萄」で、土地を求めルート66を西へ西へと進む貧しい農民の姿を描き1940年にピューリッツアを受賞、この小説はルート66をますます有名にした。
ルート66は1938年にアメリカで初めての舗装道路となった。アリゾナの国立公園やカリフォルニアへのレジャーに活用されるようになったのは乗用車が普及し出した1950年代以降である。
ふたりの若者が車で大平原を旅する連続テレビドラマ「ルート66」は大ヒットを記録した。いつしかシボレーコルベットとGMキャディラックはルート66のイメージと重なり合い、20世紀中頃のアメリカ人の上昇意欲を刺激した。1960年代に青春時代を過ごしたアメリカ人なら誰しも引退後にはコルベットかキャディラックでルート66を優雅に旅したいと願うという。
事実ルート66を走ってみると出会うのは殆どが中高年夫婦である。沿道の寂れた景色や旧式のガソリンスタンドが懐かしくかえってよい。人生それぞれにドラマがある。ルート66はアメリカの古き良き時代を象徴する道路なのである。
バクダットカフェ(写真8)は映画「バクダットカフェ」の舞台となったところ。アリゾナからカリフォルニア州に入って120マイルほど。荒涼としたモハベ砂漠(Mojave Desert)の真ん中にあるポツンと1軒屋カフェだ。映画は1989年公開、監督はパーシー・アドロン。海外からの旅行者夫婦がうらぶれたカフェに集う変わり者揃いの人々と繰り広げる不思議な人生ドラマ。ルート66にはドラマが似合うのである。