previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider

ロッキーマウンテン国立公園

 ロッキーマウンテン国立公園
Rocky Mountain National Park, Colorado
MY FA VO RI TE
アメリカ大陸を縦に貫くロッキー山脈の頂点

ロッキーマウンテン国立公園はアメリカ西部、コロラド州北部に位置し面積は1076平方km(415平方マイル)、最大標高はロングスピーク(Longs Peak)で4345m。1915年に国立公園に指定された。
デンバーから北西60マイルを行ったところにロッキーマウンテン国立公園へのゲートシティとなるエステスパーク(EstesPark)の町がある。
ロッキー山脈は3000m級の山々が5千kmに渡り南北に連なり、北からグレーシャー、イエローストーン、グランドティトンと続き、ロッキーマウンテン国立公園でロッキー山脈は最高頂点となる。
当公園は標高差により著しく生態系が異なる。下から順に山麓地帯(Montane Zone)、森林地帯(Subalpain Zone)、高山地帯(AlpainZone)と三つのライフゾーンに分類され、標高3500mまでの森林地帯にはクロクマ、コヨーテなど多くの野生動物が棲み、4000m以上の高山地帯になると樹木はまったくなくなってツンドラ気候となる。
エステスパークから車でゆっくりと走行中に道路上を悠然と歩く2頭のムース(Moose)と遭遇。最初は大きな馬かと思ったがともかくその大きさに驚嘆。とても鹿の仲間とは思えない。ムースは元々インディアンの言葉であり、英語ではAlces alces。日本ではヘラジカと訳されている。
ムースの最大体長は3m。肩高2.3mで巨大な角まで入れると体高は優に3mを超える。アメリカ国立公園における大型野生動物ウォッチングでは、ムースは灰色熊グリズリー(Grizzly Beer)、アメリカバイソン(Bison)と並ぶ人気ビッグスリーのひとつ。なかでも一番遭遇チャンスが少ないのがムースだ。僕は、グリズリーはグレーシャー国立公園で、バイソンはイエローストーン国立公園で初対面を達成した。
ちなみに最大体重ではバイソンが1100kg、ムースが800kg、グリズリーは450kgとどれもが途方もなく大きい。突然現れたバイソンと30cmくらいの距離ですれ違ったことがあるが攻撃性は感じなかった。もし戦った時の最強はといえば文句なしにグリズリーだろう。ムースはアメリカを代表するカジュアルウェアAbercrombie & Fitchのシンボルマークにもなっている。