previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider

デビルスタワー国立モニュメント

 デビルスタワー国立モニュメント
Devils Tower National Monument, Wyoming
MY FA VO RI TE
未知との遭遇、いったい何だ!この山は

デビルスタワーはアメリカ西部、ワイオミング州北東部に位置し、面積は5.5平方km(2.1平方マイル)、最大標高は1558m。1906年に国立モニュメントに指定された。
デビルスタワーといえばスティーブン・スピルバーグ監督「未知との遭遇」 のインパクトがあまりにも強烈。映画のラストシーンで山頂に円盤が舞い降りる。宇宙人が人類とコンタクトする謎の場所、それはデビルスタワーだった。
映画のイメージとどうしても重なるけれど、実際にデビルスタワーの麓に立つと今にも何かが起きそうな不思議な感覚に見舞われる。ワイオミングの穏やかな草原地帯の風景と、何の脈絡もなしにドンと突き出た独立峰の組み合わせはあまりにもミスマッチ、とにかくSF的な眺めなのだ。
デビルスタワーは古代より当地に住むインディアン・スー族、カイオア族、アラパホ族をはじめ20を超える部族の崇拝の対象となってきた。観光客増大とロッククライマーの出現により先住民は信仰のための祭祀が困難になったが、1994年にクリントン大統領が制定したインディアン聖地保護政策により伝統文化が復活しつつある。
実は山のように見えるかたまりは巨岩、ひとつの石だそうである。2億年前、中生代三畳紀の火山活動で噴火したマグマが厚い堆積岩層を突き破って垂直に吹きあがり、そのまま冷えて現在のデビルスタワーの形をした硬質の溶岩塊(響岩質斑岩)が地中に出来あがった。その後数千万年かけて周辺の堆積岩層が浸食されデビルスタワーが地上に出現したという。
デビルスタワー周辺の草原はプレーリードッグの一大生息地帯でもある。傍に近寄る人間にはお構いなし。小さな体を背伸びさせ、ひたすら遠くだけを眺める姿は何ともほほえましい(写真4)。悪魔の塔に圧倒された僕たち夫婦の緊張感はすっかり緩んでしまうのだった。