ロッキーマウンテン国立公園

アメリカ大陸を縦に貫くロッキー山脈の頂点

ロッキーマウンテン国立公園はコロラド州北部に位置し面積は1076平方km(415平方マイル)、最大標高はロングスピークで4345m。1915年に国立公園に指定された。デンバーから北西60マイルにゲートシティのエステスパークがある。
ロッキー山脈は3000m級の山々が5000kmに渡り南北に連なり、北からグレーシャー、イエローストーン、グランドティトンと続き、ロッキーマウンテン国立公園でロッキー山脈は最高頂点となる。当公園は標高差により著しく生態系が異なる。
下から順に山麓地帯(Montane Zone)、森林地帯(Subalpain Zone)、高山地帯(Alpain Zone)と三つのライフゾーンに分類され、標高3500mまでの森林地帯にはクロクマ、コヨーテなど多くの野生動物が棲み、4000m以上の高山地帯になると樹木はまったく見当たらないツンドラ気候となる。
エステスパークから公園に向かう途上、道路上を悠然と歩く2頭のムース(Moose)と遭遇。ともかくその大きさに驚嘆。とても鹿の仲間とは思えない。
ムースはインディアンの言葉で、英語ではAlces alces。日本ではヘラジカと訳されている。ムースの最大体長は3m。肩高2.3mで巨大な角まで入れると体高は優に3mを超える。
ムースはアメリカ国立公園における野生動物ウォッチングでは灰色熊グリズリー(Grizzly Beer)、バイソン(Bison)と並ぶ、人気ビッグスリーのひとつ。僕は、グリズリーはグレーシャーで、バイソンはイエローストーンでウォッチングを達成した。
ちなみに最大体重ではバイソンが1100kg、ムースが800kg、グリズリーは500kgと、どれもが途方もなく大きい。
ムースはアメリカを代表するカジュアルウェアAbercrombie & Fitchのシンボルマークにもなっている。

ロスオリボス

ワインとオリーブが育つ町

ロスオリボスはカリフォルニア州南部にあり面積6.4平方km(2.5平方マイル)、標高80m、人口は1200人。ロスアンジェルスから北に100マイルの海岸沿いの町、サンタバーバラからだと州道154号で内陸に30マイルの距離。地名のロスオリボスはスペイン語でザ・オリーブの意味だという。
オリーブの樹々が青々と繁る。季節の花が咲き乱れ、地元産のワインが飲めるカジュアルで素朴なレストランがある。道を見渡すテラス席に地元の人々が集う。静かな町なのに土地や建物がオーラでキラキラしていて活力に漲っている。交通の便はいまひとつ。だから観光客は少ない。これが、僕が好きなアメリカ田舎町の理想像だ。
ロスオリボスはほぼ満点に近い。ただ、例えば田舎町ではサンタフェやタオス、大自然ではグレーシャ、マウントレーニアなどアメリカには桁外れに景色がよくパワー溢れる土地があるので、ここは冷静に、星は三つくらいにしておこうと思う。
ロスオリボスはブドウの町でもある。当地を含む広いエリアがサンタバーバラ・ワインカントリーとなっておりサンタイネス・バレー、サンタマリア・バレー、ステリタヒルズ、バラードキャニオン、ハッピーキャニオンの五つAVA(American Viticultural Area)のワイン栽培地域に分類されている。
そのエリアの中でもとりわけ著名なAVAがロスオリボスの属するサンタイネス・バレーで、70のワイナリーが集中している。当地は夜になると太平洋から冷たい霧が流れ込み良質のシャルドネ種、ピノノワール種がすくすくと育つという。ロスオリボスの町中にあるテイスティングルームを巡ったが見たことのないラベルだらけ。ワインというのは世界各国、各地に本当に多くの銘柄があっていつも感心する。

レッドウッド国立公園

伝説の巨人ビッグフットが棲む巨木の森

レッドウッド国立公園はカリフォルニア州北部海岸沿いにあり面積は315平方km(122平方マイル)、アメリカスギの一種でレッドウッドと呼ばれる巨木が茂る樹林一帯が保護されている。1968年に国立公園に指定、1980年にユネスコの世界遺産となリ正式名称はRedwood National and State Parksに変更された。
当地には樹高115mという途方もない大きさのレッドウッドがあり、この木が地球上の最大生物といわれている。1966年に屋久島で発見された縄文杉の樹高は30mで10階建てのビルに相当する。その高さの4倍もあるので桁違いといえる。
アメリカ西海岸の森林ではとんでもない大きさの木に出会う。何故これほど巨大に育つのか。土地のパワーとの関連性を考えてみたくなるが、温暖な気候や降雨量の豊富さなどもっともらしい説明もその場所に居合わせた実感としては釈然としない。
この巨木の森にはビッグフット伝説がある。アメリカでは有名な二足歩行のUMA(未確認生物)で身長2m以上、足跡のサイズは最大で47cmあるという。毛むくじゃらで筋肉隆々。先住民である当地のインディアンには古くからサスクワッチ(Sacsquec)と呼ばれていて、ロッキー山脈の西側では度々このビッグフットが目撃され論争を巻き起こしている。1967年に撮影されたパターソンギムソン・フィルムは日本のTVでも話題になった。
ギガントピテクス(Gigantopithecus)の生き残りという説もある。旧石器時代に絶滅したとされるヒト上科の大型の霊長類で体重は推定最大540kgあったという。
レッドウッドの森は真昼でも薄暗くちょっと怖い感じがする。それでも僕たち夫婦は道端に車をとめ勇気を出して森の中をそろそろと歩いたがビッグフットの足跡すら見ることはできなかった。

レキシントン

ケンタッキー・ブルーグラスカントリー

レキシントンはアメリカ南東部ケンタッキー州中北部にあり面積は737平方km(286平方マイル)で標高は298m。レキシントンはフェイエット、フランクリン、ブルボンなど15の郡からなる広大なブルーグラス牧草地帯の中心地であり、ケンタッキーダービーをはじめ国際級の競走馬を生み出してきた土地柄でもある。
3億年前、当地は海だったという。その名残の貝やサンゴ礁の影響でレキシントン周辺の土壌はカルシウム分に富み、その土が栄養価の高い牧草を育て、連続するゆるやかな丘陵と相俟って頑丈な馬が生み出されてきた。
フランクフォートとレキシントンの間の17マイルのオールドフランクフォート・パイク(Old Frankfort Pike)と14マイルのパリス・パイク(Paris Pike)を走行した。青い空、大農場、牧草地帯にサラブレッドの姿が映える。ケンタッキーを象徴する風景だ。
ケンタッキーの呼び方はインディアンに由来する。紀元前から当地に住んでいたイロコイ(Iroquois)族の言葉「草原の地」が州名になった。イロコイ族は数あるインディアン部族のなかでも異色である。数百あったインディアン部族はそれぞれに自尊心と独立性が強く、17世紀以降にヨーロッパ人から攻撃を受けているさなかにも部族間同士で抗争を繰り返していた。
しかしイロコイ族は18世紀前半にすでにモホーク、セネカ族などインディアン5部族と同盟を結んでおり、現在はニューヨーク州北部とカナダに跨る地でイロコイ連邦として存在する正式な独立国家である。
付け加えるにサウスダコタ州に住むスー族(Sioux)もアメリカからの独立を宣言しているが、ブラックヒルズの領有権を巡りアメリカ政府との対立が決着していない。このことはブラックヒルズの頁に詳しく書いた。

レイクパウエル

映画「猿の惑星」の撮影地

レイクパウエルはユタ州キャニオンランズ国立公園から、アリゾナ州グランドキャニオン国立公園に連なる大峡谷とコロラド川が一体となって堰き止められた中間地点にある。
最大標高は1140m。地図上ではコロラドの川幅が突然広くなった地域に見えるが、実際の感覚では琵琶湖に匹敵する巨大な湖だ。全長は300Km、湖の周囲3000km。レイクパウエルの名称は、1869年にコロラド川流域を調査したJohn Wesley Powellから付けられた。
ゲートシティはページ。1957年のグレンキャニオンダムとグレンキャニオン橋の建設に伴いできた町である。僕たち夫婦は湖に面したワーウィーブ・ロッジ(Wahweap Lodge)に宿泊したが設備、ロケーションともに中々快適。ロッジと一体となったマリーナから出るクルーズで湖を周遊したが、コロラド川を下ってきたロッキー山脈の雪解け水は冷たく清廉、空気は澄み、朝夕には赤茶から紫、ブルーに変幻するロックマウンテンの風景も素晴らしい。一帯はレインボーブリッジ国立モニュメント、アンテロープキャニオンと合わせてグレンキャニオン国立レクレーションエリアに指定されている。
レインボーブリッジの周辺は先住民ナバホ族の居留地(Indian Reservations)である。ワーウィーブ・マリーナ(Wahweap Marina)から片道2時間、湖を横断して近くまで行き、1マイルほどのトレイルを歩いて到着。アーチ状の岩石はユタ州には数千以上あるが、レインボーブリッジは高さ87mで世界最大。古来より先住民の宗教信仰の聖地として崇められてきたパワースポットの地であり、興味本位の撮影や観光気分でがやがやとはしゃぐことは慎まなければならない。これは日本の寺社、仏閣などでも同じこと。レインボーブリッジをくぐることは禁止されている。

ルート66

現代に生きる歴史街道

ルート66は1926年に建設されたシカゴとサンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755km)の旧国道。1985年に廃線となり、National Scenic Bywayに指定された。
初期には産業道路として大型トラックの物流を担い、1930年代にはカンザス、オクラホマからカリフォルニアへ向かう移住者で溢れ返った。
ジョン・スタインベックは「怒りの葡萄」で、土地を求めルート66を西へ西へと進む貧しい農民の姿を描き1940年にピューリッツアを受賞、この小説はルート66をますます有名にした。
ルート66は1938年にアメリカで初めての舗装道路となった。アリゾナの国立公園やカリフォルニアへのレジャーに活用されるようになったのは乗用車が普及し出した1950年代以降である。
ふたりの若者が車で大平原を旅する連続テレビドラマ「ルート66」は大ヒットを記録した。いつしかシボレーコルベットとGMキャディラックはルート66のイメージと重なり合い、アメリカ人の上昇意欲を刺激した。
1960年代に青春時代を過ごしたアメリカ人なら誰しも引退後にはコルベットかキャディラックでルート66を優雅に旅したいと願うという。
事実ルート66を走ってみると出会うのは殆どが中高年夫婦である。沿道の寂れた景色や旧式のガソリンスタンドが懐かしくかえってよい。人生それぞれにドラマがある。ルート66は古き良き時代を思い起こさせる道路なのである。
バクダットカフェ(写真-10)は映画「バクダットカフェ」の舞台となったところ。1989年公開、監督はパーシー・アドロン。海外からの旅行者夫婦がうらぶれたカフェに集う人々と繰り広げる不思議な人生ドラマ。ルート66にはドラマが付きものなのである。

ランカスター

アーミッシュの暮らしが今も続く

ランカスターはアメリカ東部ペンシルベニア州南部にあり面積19平方km(7平方マイル)、標高112m。アメリカ東海岸でもっとも長い川、サスケハナリバー(Susquehanna River)が町の西方に流れる。川の名はインディアン、サスケハナ族に由来する。メイフラワー号で最初のヨーロッパ人が入植した1620年当時に2000人ほどが当地に居住していたが、その後の迫害でサスケハナ族は衰退し川の名だけが残った。
ランカスターの歴史は古く、1709年に最初の移民であるペンシルベニア・ダッチが入植し、1729年に正式な町となった。ランカスターはアーミッシュの町としても知られている。
アーミッシュはカトリックの教義に厳格に従い移民当初の生活スタイルを守り続けている人々のこと。アメリカに住むアーミッシュ30万人の15%がランカスター居住といわれている。
ランカスターの郊外ではアーミッシュの家族が乗る馬車に何度も出会った。男性はつばの広い黒い帽子にあごひげ、吊ズボン。女性は髪の毛を束ねボンネットをかぶる独特のスタイルだ。アーミッシュの人々は車を所有しない、自宅に電気を引かないなど厳格なルールを定め近代技術に頼らない生活を300年以上も守り続けている。
ランカスターといえば1985年のハリソン・フォード主演の「刑事ジョン・ブック目撃者(Witness)」の印象が強烈だった。その映画で描かれていたアーミッシュの禁欲的、宗教色の強い、規律に縛られた生活が重々しくちょっと恐ろしくも思えた。
しかし実際にアーミッシュの人々の日常を垣間見て、実はそれ程でもなく、アメリカ開拓時代のシンプルで健康的な生き方を継承してきた素朴な人たちだとわかり、僕としてはかなりほっとしたのである。

ラファイエット

南部美食文化の町

ラファイエットはルイジアナ州南部にあり面積は127平方km(49平方マイル)、標高は11m。アカディアナ文化が色濃く残る美しい町、美食の町としても知られていて僕たちはブルードッグカフェで食事をした(写真-5)。世界的に有名なアーティスト、ジョージ・ロドリゲの作品が100点以上も展示されていて圧巻。ケイジャン料理のレベルも高くて満足だった。
ロドリゲは1944年、当地近くのニューアイベリア生まれ、2013年没。終生「青い犬」を描き続けた。
ロドリゲの生地ニューアイベリア郊外にタバスコの製造工場がある。1868年に当地に移住してきた美食家Edmund Mcilhennyがタバスコペッパーの栽培を開始、ユニークな食品を考案し製法特許を取得、現在のマキレニー社 (Mc. ILHENNY CO.)に至る。
蒸留酢と当地原産の岩塩を混ぜ樫の樽で3年間熟成させるというアメリカでは珍しい発酵食品なのだ。
世界170か国に輸出されるほど有名になったタバスコ。個性的な風味はもちろんだが象徴的な瓶がこのブランドの発展に大いに貢献している。容器は発足当初から受け継がれているというから創始者マキレニーの感性は相当なものだ。煉瓦造りの本社建物は風格があって美しい(写真3-4)。
このマキレニー社はバイユーと呼ばれるワニが生息する湿原の真ん中にあってナビがなければ到底辿りつけない。それでも工場が近づくにつれタバスコ独特の香りが目と鼻を刺激する。
まず製造工程を見学しタバスコストアへ向かった。定番の赤いタバスコだけでなくハバロネ、更にはハラペーニョを使った緑色のタバスコなど種類も多い。瓶のサイズもバリエーション豊かで巨大なガロン瓶のタバスコには驚いた。1ガロンは3.8L、日本酒の一升瓶の2倍以上のボリュームで価格は40ドル。

ラッセン・ボルカニック国立公園

世界最大の溶岩ドーム

ラッセン・ボルカニック(ラッセン火山)国立公園はカリフォルニア州中北部に位置し面積は429平方km(166平方マイル)。1914年に国立公園に指定された。サンフランシスコから北に240マイル、車で4時間ほどの距離。マウントラッセンの標高は3187m。カナダからカリフォルニアに連なるカスケード山脈の南方に位置する。カスケード山脈はアメリカ最大の火山帯でもある。
アメリカの大噴火はすべてこの火山帯から起きている。当地から北にあるオレゴンのセントへレンズ山は1980年の大噴火で山頂部分の500mが吹っ飛び、面積518平方kmの森林が消失し、200マイルに渡る高速道路が破壊された。富士山とそっくりだったセントへレンズ山は爆発で真ん中がえぐり取られ阿蘇山に似たカルデラ山に変化した。噴火は脅威だ。
ラッセン最期の巨大噴火は1630年から1670年の間だったと考えられている。現在、ラッセンの温泉は沸騰し激しく蒸気が噴出している。300年以上を経た現在、地下の噴火エネルギーは最大限まで高まっておりアメリカ地質研究所と国立公園局は当公園内の9か所に地震計を設置し常時火山性ガスと地殻変動の測定を行う最大の危機管理体制に入っているという。
カリフォルニアと日本は面積も近いが火山と地震災害という点でも似通っている。カリフォルニアにはサンアンドレアスという南北に走る断層があり度々巨大な地盤変化を起こしてきた。1906年のサンフランシスコ大地震では3千人が死亡し22万5千人が家を失った。地震も火山噴火も一定周期をおいて繰り返す。サンフランシスコ周辺の地殻の歪みは限界に近く、20年以内に巨大地震が発生する可能性は80%だと考えられている。

ラジタス

蘇ったゴーストタウン

ラジタスはテキサス州ブリュースター・カウンティーに属し、当地北にはビッグベンド・ランチ州立公園、南にはビッグベンド国立公園があり、リオグランデ川を挟み南側はメキシコのチワワ州となっている。
当地は数千年に渡り古代人チソス・インディアンが住むメキシコの領土だったが、その後メスカレロ・アパッチ族、18世紀以降はコマンチェ族が居住した。アメリカ・メキシコ戦争終結4年後の1852年、陸軍将校William H Emoryが当地を調査し、その後のヨーロッパ入植者の進出によりインディアンは壊滅した。
チソス山脈には水銀の鉱脈があり1890年頃から当地周辺で採鉱がはじまり多くの人が集まり活況を呈した。それでも居住者は50人、店は15軒であった。1901年には郵便局も開設され大繁栄の兆しが見えたが、水銀採掘の斜陽化と共に鉱山は1939年に閉鎖された。
ゴーストタウンとなって久しい当地が1995年、ジェームス・ガーナー主演のTV西部劇「荒野の追跡者・ラレード通り(Street of Laredo)」の撮影地となり、またラジタス周辺は鉱泉地であることからスパリゾートとして注目され出し、近年になって急速に観光地としての価値が高まってきた。加えて恐竜の化石がきわめて大量に出土し恐竜の博物館創設の計画もあるらしい。
しかし、今のところ当地に積極的に訪れる人は少ないようだ。何しろダラスから車で11時間の度を越した辺鄙な土地。馬、牛がメインで時たまカウボーイを見かける程度。ホテルにチェックインした僕たち夫婦は当然の流れのようにステーキを食べバーボンを飲んだけれど、殆ど西部劇の撃ち合い現場にはまり込んだ気分で興味と緊張が合い半ば。あとで思い起こせばホテルの部屋、バーや食堂の枯れ具合はなかなか趣深かった。

ラグナビーチ

切り立った絶壁と美しい海岸線をもつ芸術家の町

ラグナビーチはカリフォルニア州にあり面積は24平方km(9平方マイル)。1870年代から入植者が増え、1900年代には多くのアーティストが当地に移り住み芸術活動が盛んとなった。
ラグナ・カレッジオブ・アート&デザインという1961年創立の小さな美術大学もある。
ラグナビーチの北側、3マイルの海岸線および自然森と丘陵、渓谷を合わせた10平方km(4平方マイル)がクリスタルコーブ州立公園に指定されていて当地周辺の散策コースとなっている(写真-1)。アメリカで大ヒットのTVドラマ「ジ・オーシー(The OC)」の舞台として一躍有名になった新興地クリスタルコーブは、当州立公園に面するPacific Coast Highwayの東側にあり、その住宅価格はマリブやビバリーヒルズのベルエアに並ぶという(写真-2)。
こういう所では何もすることがないのでホテルライフが中心となる。周辺で知られたホテルは4つ。クリスタルコーブ州立公園を挟んで北側にペリカンヒル(Pelican Hill、写真4-7)、南側にモンタージュ(Montage)、更に南にリッツカールトン(Ritz Carlton)とセントレジス(St. Regis)。
平屋建てのビラやバンガローに限定すればペリカンヒルとモンタージュが双壁。同じ料金で較べると部屋の広さや設備、レストランやバー共にペリカンヒルが上。暖炉もあってテラスもよい。建築とインテリアがやや男性的という感じもするが、これはゴルフコースを持つリゾートとしては致し方ないこと。
一方、モンタージュは全体的に自然観が強く優雅。どちらかといえば女性的。何といっても目の前にラグナビーチが広がっているというのが強み。ホテルの敷地と海岸線が一体となったナチュラルな花畑も可愛くて、個人的にはこちらがお薦め。