previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 ウィラメットバレー

ウィラメットバレー

Willamet Valley, Oregon
オレゴン・ワインカントリー ウィラメットバレーはオレゴン州北西部にあり面積は13500平方km(5200平方マイル)、南北250km、東西100kmに渡る丘陵と渓谷に囲まれた広大なエリア。
ポートランドからスタートしてユージンまでウィラメットバレーを4日間で巡った。途中、小さな田舎町のニューバーグで泊まったAllison Innは想像以上のレベルで驚いた(写真-3)。葡萄畑に建つホテルの外観は格好よくレストラン、バーの内装もナチュラルな雰囲気ながら洗練されている。
グルメ州で知られるオレゴンでもとりわけ当地は高品質な食材の宝庫で年中グルメフェスティバルが開催されているという。Oregon Truffle Festivalはウィラメットバレーに自生する黒トリュフの食の祭典だ。ホップ栽培も盛んで、醸造所が連なるEugene Ale Trailと名付けられた地ビール街道もある。
更にウィラメットリバー流域に広がる葡萄畑はオレゴンを代表するワインの一大生産地となっている。当地は同じ西海岸でもカリフォルニア州の気候とはだいぶ違う。年間を通して比較的湿度が高く、しかも冷涼な気候がピノノワール(Pinot Noir)の生産に適している。
フランスのブルゴーニュ産とは趣が違うが、ウィラメットバレーのピノノワールは今や世界トップクラスの実力だ。しかしナパバレーのOpus OneやBeringerのように地域を引っ張る有名ワイナリーが見当たらず、その点は大損をしている。
200以上もあるワイナリーの殆どすべてがどんぐりの背比べ的に小規模経営のため誰もが共通に知るという銘柄がない。瓶に貼られたラベルデザインもいまひとつ記憶に残らない。
これがウィラメットバレーワインの一方の特色でもありそこのところが僕にとっては逆説的に好ましく思える。