previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 ストウ

ストウ

Stowe, Vermont
「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ家ロッジ ストウはアメリカ北東部、ニューイングランド地方内陸部バーモント州にあり、なだらかな丘陵が連続する草原と森林に囲まれた緑深い町。
面積は188平方km(73平方マイル)、標高は295m。西のマンスフィールド山、東側のパットナム州立森林公園に挟まれたバレー地帯で、町の中心をリトルリバーが流れる。
トラップファミリーにとって故郷オーストリア・ザルツブルグに似ていた気候風土だったのかも知れない。彼らはアメリアへの亡命を決意、トラップファミリー合唱団として生計を立て、そしてストウの小高い丘にある農場を購入した。
第二次世界大戦さなかの1941年、トラップ大佐と7人の子供、修道女マリアが祖国を脱出しアルプスを越えて逃れるストーリーはあまりにも有名。
1959年に初演されたミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を原作として1965年には映画化され世界的なヒット作となった。「ドレミの歌」、「エーデルワイス」はじめ音楽は「王様と私」などで知られるミュージカルの巨匠、オスカー・ハマースタイン2世が作詞し、リチャード・ロジャースが作曲した。
一躍有名になった家族は1968年にストウの農場のなかにロッジを建設(写真1-6)、敷地は9.7平方km(300万坪)に及ぶ。映画「サウンド・オブ・ミュージック」でジュリー・アンドリュースが演じたマリアの三男ヨハネスが現在このロッジを経営している。
ロッジには3泊の滞在だったが1か月くらい居てもよいと思った。ダイニングも素晴らしい。オーストリア料理のトンカツ(Schweine Schnitel)、デザートのザッハトルテ(Sacher Torte)も抜群だった。滞在中、ロッジ周辺には清々しい空気感がみなぎりパワースポットともいえる気力の高まりを感じた。