previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 スプリングフィールド

スプリングフィールド

Springfield, Illinois
ランド・オブ・リンカーン スプリングフィールドはイリノイ州のほぼ真ん中に位置し面積は156平方km(60平方マイル)、シカゴから南西に200マイル距離。町の中心地には旧議事堂があり、いかにも州都らしい威厳のある町の佇まい。
その北側にリンカーン図書館、南側には国立公園局が管理するLincoln Home National Historical Siteがある。リンカーンの家はGreek Revival様式で1839年建築。ほかにもリンカーンに因んだ施設がひしめき、当地はまさしくリンカーンの町である。
リンカーン(Abraham Lincoln)は弁護士、イリノイ州議員、上院議員時代の25年間を当地で過ごし1861年に第16代大統領に選出された。共和党始まって以来の大統領は南部諸州とことごとく対立し南北戦争が勃発。北部州連合軍を勝利に導きアメリカの南北分裂は回避されたが、終戦6日後の1865年4月15日、ワシントン
で観劇中に暗殺された。
リンカーンは奴隷開放を推進し、一方では先住民の殲滅政策をもっとも強硬に進めた大統領としても知られている。1862年のインディアン・スー族酋長等38人の一斉絞首刑はアメリカ死刑史に残る最高記録。
Lincoln Homeの西側にあるビール醸造所Obed & Isaac’s Microbreweryで食事をした。僕は食事に合わせるビールはアンバーエールが好み。やや赤みがかった琥珀色で程よい酸味があり、少し焦げたような香りが食欲をそそる。ピルスナーは下面発酵なので冷やして飲むとうまいが、エールは発酵温度の15度から20度くらいが適温。
いずれにしてもアメリカやヨーロッパには、その時の気分や好みに応じた嗜好のバリエーションが多くあり楽しみも増えるが、日本のビールは単調でまったくつまらない。