previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 スコッツデール

スコッツデール

Scottsdale, Arizona
インディアンアートとイマジネーションの町 スコッツデ―ルはアリゾナ州南部にあり面積は478平方km(184平方マイル)、最大標高は380m。北に小高く、南にソノラ砂漠が広がり、東にソルト川、西には大都市フェニックスを控える。
当地には紀元前800年から紀元1400年頃まで栄えたインディアン、ホホカム(Hohokam)族の文化遺跡がある。15世紀以降はピマ(Pima)族が居住した。
当地のランドマーク、キャメルバックマウンテンはその名の通りラクダの背の形をしていて奇妙。今にも動き出しそうにも見える。スコッツデ―ルの木々や雲、山々など自然界の造形はさまざまに僕のイマジネーションを刺激する。
それは同じくアリゾナのセドナのボルテックスといわれるパワースポット感とは顕かに違い、創造的な大地のオーラともいえるものだ。
フランクロイド・ライトは1937年に砂漠の真ん中に建築学校タリアセンウエストを創設し、20世紀のアメリカ建築に多大な影響を与えた(写真3-4)。スコッツデールの土地柄に惹かれたスペインの建築家パオロ・ソレリは1970年にア-コサンティ(Arcosanti)の建設を開始した。エコロジーコンシャスとゼロエミッションを標榜した未来都市の創造である(写真4-5)。僕は1980年代に大学生40名と共に視察を行き、かれこれ30年経つが今なお建設途上。完成まで、あと数百年かかるとのこと。
20回以上は訪れたと思うほど当地はお気に入り。ホテルは世界最高ランクにある。Sanctuary、Westin Kierland Villas、Phoenician、Scottsdale Princessがとくに印象に残っている。フランクロイド・ライトの設計で有名なArizona Biltmoreにも数日間滞在したが、落胆。建築や歴史に自信があるのか、おもてなし精神はゼロに等しかった。