previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 サンタフェ

サンタフェ

Santa Fe, New Mexico
プエブロインディアン・アートの町 サンタフェはニューメキシコ州の州都。面積は97平方km(37平方マイル)、2130mの標高はアメリカ州都では最高。サンタフェは僕のもっとも好きな町。春夏秋冬すべての季節に何度も訪れたが、とりわけ初秋は素晴らしい。
キャニオンロードには赤い野生リンゴが実り、サンタフェ山のハコヤナギが鮮やかな黄金に色づく。真っ青な空、乾いた風とキラキラと輝く日差しはサンタフェ特有の魅力である。
人口たった6万人の田舎町に10以上の美術館、そして数百のアートギャラリーがあり、洗練された料理を出すレストランがたくさんあり、Inn of Anasaziという上質なホテルもある。その文化度の高さは神秘的ですらある。
サンタフェには1万2千年前から人類が居住していた。11世紀にはインディアン、プエブロ(Pueblo)族が集落を形成し、当地は古来
よりパワースポットとして崇められてきた。15世紀に入植したスペイン人がプエブロ族を制圧し1607年にサンタフェの町が創設された。1824年、メキシコ独立にともないメキシコ領となり、1846年にアメリカ支配下となった。
1958年、徐々に寂れつつあったサンタフェに景観条例が施行された。建築スタイルを2種に限定して独特の町並みをつくろうという町興しの試みである。アドビ(Adobe)煉瓦によるPueblo RevivalとSpanish Colonialである
景観条例は日本にもあるが建築のデザインや色彩を規定するものではない。京都祇園の古くからある町並みにコンクリートのビルがひとつ出来ただけでも、あたりの空気感は一変する。ともかくサンタフェの厳しい条例は成功を収めた。
規制がサンタフェ・スタイルというあらたな文化価値を創出したのである。