previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 パームスプリングス

パームスプリングス

Palm Springs, California
砂漠のオアシス パームスプリングスはカリフォルニア州にあり、面積は246平方km(95平方マイル)。東に3554mのサンジャシント山、北にリトルサンベルナルディノ山脈、南をサンタロサ山脈に囲まれる(写真1)。アメリカ最高の晴天率と年間平均気温21度の気候。水源となる湖もあり、地理風水に恵まれた土地。
数千年に渡り、高峰サンジャシント山を信仰してきたインディアン、カウイヤ(Cahuilla)族は、その麓、現在のパームスプリングスを聖地と考えていた。事実、当地には人をリラックスさせる緩やかな雰囲気が漂っている。この心地よい空気感はパームスプリング市だけでなくその東南のパームデザート、ラキンタ地区にまで及ぶ。
パームスプリングスは19世紀末から開発が進み、現在はゴルフリゾート、高級別荘地として人気が高い。夏は暑いが、湿度が低く
爽やか。冬はおそらくアメリカ本土ではもっとも安定して暖かいと思う。
当地にはWestin Mission Hills VillasやLa Quintaなど、僕が好きな低層のビラがたくさんある。前者は近代的でクリーン、後者は1926年創業の古い建物(写真2-4)。La Quintaはナチュラルな庭や建物だけでなく、レストランのメニューも気に入っている。
パームスプリングスでは風力発電の風車が目立ち、こうした場所をウインドファームと呼ぶ(写真-5)。アメリカは1980年代から風力発電に力を注いでいて、パームスプリングスはその代表格。
世界の風力発電の総量は年間45GW(ギガワット)。日本より国土の小さいイタリアが1.3GW、もっと狭いルーマニアが1GWなのに対し、わが国はたった0.1GW。
風力発電が日本に適しているとは限らないが、いずれにしてもグリーンエネルギーを増やす努力は必要だ。