previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 モンテズマキャッスル国立モニュメント

モンテズマキャッスル国立モニュメント

Montezuma Castle National Monument
Colorado
美術工芸に長けた古代人、シナグア族 モンテズマキャッスル国立モニュメントはアリゾナ州の中央部にある。石灰岩の小高いキャニオンの岩壁20mに築かれた先住民シナグア(Sinagua)族の住居遺跡で、その10マイル北東にあるモンテズマウエルと共に1906年国立モニュメントに指定された。農耕民族シナグアは6世紀頃から当地に住み12世紀には数千名の集落を形成し台地にアドビ煉瓦の家を建てた。
岩壁に石造された5層、20部屋の遺跡は50人ほどを収容できるが、出入りには梯子を複雑に組み合わせる必要があり住居の使用目的は不明である。
遺跡周辺は清々しく何とも言えない軽やかな空気感に包まれている。調べてみると遺跡は少し変わった地形のなかにある。
まず遺跡を中心に小川がヘビのようにぐるりと丸く取り囲み、それは城に対する直径1kmの濠のようでもある。正確にいうとモン
テズマウエルから発する水がビーバークリークとなり10マイル南西に下り、遺跡を円弧で巻いてまた南西に下りベルデ川に合流している。
モンテズマウエルは地下からの湧水池。この池をシナグアが聖地とし水の流れが渦巻く真ん中に部屋を石造したのだと仮定すれば、この岩壁住居には信仰の場であったとも考えられる。いずれにしてもこの地はパワースポットであることに間違いはない。
シナグア族は1425年を境に当地を去った。何が起きたのかは不明だが、同じ時代にコロラドやユタ、アリゾナのアナサジ族も姿を消している。
シナグア族は高度な装飾品の加工技術を持っていたと考えられているが、それが災いして遺跡は激しい略奪に遭っている。遺跡内部へのアクセスは1951年以来凍結されていて見学できないが、Visitor Centerには復元された工芸品が展示されていた。