previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 ロスオリボス

ロスオリボス

Los Olivos, California
ワインとオリーブが育つ町 ロスオリボスはカリフォルニア州南部にあり面積6.4平方km(2.5平方マイル)、標高80m、人口は1200人。ロスアンジェルスから北に100マイルの海岸沿いの町、サンタバーバラからだと州道154号で内陸に30マイルの距離。地名のロスオリボスはスペイン語でザ・オリーブの意味だという。
オリーブの樹々が青々と繁る。季節の花が咲き乱れ、地元産のワインが飲めるカジュアルで素朴なレストランがある。道を見渡すテラス席に地元の人々が集う。静かな町なのに土地や建物がオーラでキラキラしていて活力に漲っている。交通の便はいまひとつ。だから観光客は少ない。これが、僕が好きなアメリカ田舎町の理想像だ。
ロスオリボスはほぼ満点に近い。ただ、例えば田舎町ではサンタフェやタオス、大自然ではグレーシャ、マウントレーニアなどア
メリカには桁外れに景色がよくパワー溢れる土地があるので、ここは冷静に、星は三つくらいにしておこうと思う。
ロスオリボスはブドウの町でもある。当地を含む広いエリアがサンタバーバラ・ワインカントリーとなっておりサンタイネス・バレー、サンタマリア・バレー、ステリタヒルズ、バラードキャニオン、ハッピーキャニオンの五つAVA(American Viticultural Area)のワイン栽培地域に分類されている。
そのエリアの中でもとりわけ著名なAVAがロスオリボスの属するサンタイネス・バレーで、70のワイナリーが集中している。当地は夜になると太平洋から冷たい霧が流れ込み良質のシャルドネ種、ピノノワール種がすくすくと育つという。ロスオリボスの町中にあるテイスティングルームを巡ったが見たことのないラベルだらけ。ワインというのは世界各国、各地に本当に多くの銘柄があっていつも感心する。