previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 レキシントン

レキシントン

Lexington, Kentucky
ケンタッキー・ブルーグラスカントリー レキシントンはアメリカ南東部ケンタッキー州中北部にあり面積は737平方km(286平方マイル)で標高は298m。レキシントンはフェイエット、フランクリン、ブルボンなど15の郡からなる広大なブルーグラス牧草地帯の中心地であり、ケンタッキーダービーをはじめ国際級の競走馬を生み出してきた土地柄でもある。
3億年前、当地は海だったという。その名残の貝やサンゴ礁の影響でレキシントン周辺の土壌はカルシウム分に富み、その土が栄養価の高い牧草を育て、連続するゆるやかな丘陵と相俟って頑丈な馬が生み出されてきた。
フランクフォートとレキシントンの間の17マイルのオールドフランクフォート・パイク(Old Frankfort Pike)と14マイルのパリス・パイク(Paris Pike)を走行した。青い空、大農場、牧草地帯にサラブレッドの姿が映える。ケンタッキーを象徴する風景だ。
ケンタッキーの呼び方はインディアンに由来する。紀元前から当地に住んでいたイロコイ(Iroquois)族の言葉「草原の地」が州名になった。イロコイ族は数あるインディアン部族のなかでも異色である。数百あったインディアン部族はそれぞれに自尊心と独立性が強く、17世紀以降にヨーロッパ人から攻撃を受けているさなかにも部族間同士で抗争を繰り返していた。
しかしイロコイ族は18世紀前半にすでにモホーク、セネカ族などインディアン5部族と同盟を結んでおり、現在はニューヨーク州北部とカナダに跨る地でイロコイ連邦として存在する正式な独立国家である。
付け加えるにサウスダコタ州に住むスー族(Sioux)もアメリカからの独立を宣言しているが、ブラックヒルズの領有権を巡りアメリカ政府との対立が決着していない。このことはブラックヒルズの頁に詳しく書いた。