previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 ラッセン・ボルカニック国立公園

ラッセン・ボルカニック国立公園

Lassen Volcanic NP, California
世界最大の溶岩ドーム ラッセン・ボルカニック(ラッセン火山)国立公園はカリフォルニア州中北部に位置し面積は429平方km(166平方マイル)。1914年に国立公園に指定された。サンフランシスコから北に240マイル、車で4時間ほどの距離。マウントラッセンの標高は3187m。カナダからカリフォルニアに連なるカスケード山脈の南方に位置する。カスケード山脈はアメリカ最大の火山帯でもある。
アメリカの大噴火はすべてこの火山帯から起きている。当地から北にあるオレゴンのセントへレンズ山は1980年の大噴火で山頂部分の500mが吹っ飛び、面積518平方kmの森林が消失し、200マイルに渡る高速道路が破壊された。富士山とそっくりだったセントへレンズ山は爆発で真ん中がえぐり取られ阿蘇山に似たカルデラ山に変化した。噴火は脅威だ。
ラッセン最期の巨大噴火は1630年から1670年の間だったと考えられている。現在、ラッセンの温泉は沸騰し激しく蒸気が噴出している。300年以上を経た現在、地下の噴火エネルギーは最大限まで高まっておりアメリカ地質研究所と国立公園局は当公園内の9か所に地震計を設置し常時火山性ガスと地殻変動の測定を行う最大の危機管理体制に入っているという。
カリフォルニアと日本は面積も近いが火山と地震災害という点でも似通っている。カリフォルニアにはサンアンドレアスという南北に走る断層があり度々巨大な地盤変化を起こしてきた。1906年のサンフランシスコ大地震では3千人が死亡し22万5千人が家を失った。地震も火山噴火も一定周期をおいて繰り返す。サンフランシスコ周辺の地殻の歪みは限界に近く、20年以内に巨大地震が発生する可能性は80%だと考えられている。