previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 レイクパウエル

レイクパウエル

Lake Pwell, Arizona
映画「猿の惑星」の撮影地 レイクパウエルはユタ州キャニオンランズ国立公園から、アリゾナ州グランドキャニオン国立公園に連なる大峡谷とコロラド川が一体となって堰き止められた中間地点にある。
最大標高は1140m。地図上ではコロラドの川幅が突然広くなった地域に見えるが、実際の感覚では琵琶湖に匹敵する巨大な湖だ。全長は300Km、湖の周囲3000km。レイクパウエルの名称は、1869年にコロラド川流域を調査したJohn Wesley Powellから付けられた。
ゲートシティはページ。1957年のグレンキャニオンダムとグレンキャニオン橋の建設に伴いできた町である。僕たち夫婦は湖に面したワーウィーブ・ロッジ(Wahweap Lodge)に宿泊したが設備、ロケーションともに中々快適。ロッジと一体となったマリーナから出るクルーズで湖を周遊したが、コロラド川を下ってきた
ロッキー山脈の雪解け水は冷たく清廉、空気は澄み、朝夕には赤茶から紫、ブルーに変幻するロックマウンテンの風景も素晴らしい。一帯はレインボーブリッジ国立モニュメント、アンテロープキャニオンと合わせてグレンキャニオン国立レクレーションエリアに指定されている。
レインボーブリッジの周辺は先住民ナバホ族の居留地(Indian Reservations)である。ワーウィーブ・マリーナ(Wahweap Marina)から片道2時間、湖を横断して近くまで行き、1マイルほどのトレイルを歩いて到着。アーチ状の岩石はユタ州には数千以上あるが、レインボーブリッジは高さ87mで世界最大。古来より先住民の宗教信仰の聖地として崇められてきたパワースポットの地であり、興味本位の撮影や観光気分でがやがやとはしゃぐことは慎まなければならない。これは日本の寺社、仏閣などでも同じこと。レインボーブリッジをくぐることは禁止されている。