previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 ラジタス

ラジタス

Lajitas, Texas
蘇ったゴーストタウン ラジタスはテキサス州ブリュースター・カウンティーに属し、当地北にはビッグベンド・ランチ州立公園、南にはビッグベンド国立公園があり、リオグランデ川を挟み南側はメキシコのチワワ州となっている。
当地は数千年に渡り古代人チソス・インディアンが住むメキシコの領土だったが、その後メスカレロ・アパッチ族、18世紀以降はコマンチェ族が居住した。アメリカ・メキシコ戦争終結4年後の1852年、陸軍将校William H Emoryが当地を調査し、その後のヨーロッパ入植者の進出によりインディアンは壊滅した。
チソス山脈には水銀の鉱脈があり1890年頃から当地周辺で採鉱がはじまり多くの人が集まり活況を呈した。それでも居住者は50人、店は15軒であった。1901年には郵便局も開設され大繁栄の兆しが見えたが、水銀採掘の斜陽化と共に鉱山は1939年に閉鎖
された。
ゴーストタウンとなって久しい当地が1995年、ジェームス・ガーナー主演のTV西部劇「荒野の追跡者・ラレード通り(Street of Laredo)」の撮影地となり、またラジタス周辺は鉱泉地であることからスパリゾートとして注目され出し、近年になって急速に観光地としての価値が高まってきた。加えて恐竜の化石がきわめて大量に出土し恐竜の博物館創設の計画もあるらしい。
しかし、今のところ当地に積極的に訪れる人は少ないようだ。何しろダラスから車で11時間の度を越した辺鄙な土地。馬、牛がメインで時たまカウボーイを見かける程度。ホテルにチェックインした僕たち夫婦は当然の流れのようにステーキを食べバーボンを飲んだけれど、殆ど西部劇の撃ち合い現場にはまり込んだ気分で興味と緊張が合い半ば。あとで思い起こせばホテルの部屋、バーや食堂の枯れ具合はなかなか趣深かった。