previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 グアダルーペマウンテン国立公園

グアダルーペマウンテン国立公園

Guadalupe Mountains National Park, Texas
テキサスの大秘境、砂漠の真ん中の山岳国立公園 グアダルーペマウンテン国立公園はテキサス州西部に位置し、面積は350平方km(135平方マイル)、最高標高は2667m。1966年に国立公園に指定された。当地にはかつてカランカワ、キカプー、コマンチ、トンカワ、リパン・アパッチなど多数のインディアン部族が住んでいた。
公園はテキサス州の3大都市であるヒューストンから580マイル、サンアントニオから410マイル。ダラスからだと440マイル。どこから行っても車で片道7時間くらいかかる。もちろん公園内や周辺に宿泊設備はない。大自然を通り越してアメリカの大奥地といっても過言ではない。
年間入園者数が17万人前後。東京23区の半分以上の広さに1日当たり500人しか来ないのだから公園内で人に会うことなど殆ど無い。その分、野生動物との出会いは期待できる。
事実、森とキャニオンの切れ目で突然ネコ科の動物が車の前を横切った。尻尾がとても大きく長くて印象的。初めて見る本物のマウンテンライオンだ。これには大感激、ひと気の少ない過疎の国立公園だからこその幸運であった。
当地に生息するマウンテンライオンはネコ亜科最大の大型肉食獣。アメリカではピューマ、クーガーとも呼ばれ、オスの尾を除いた最大体長は1.8m、体重は100kgになるという。
グアダルーペマウンテンは概ね荒涼とした山岳とロックキャニオンがメインで、見どころとしてはMc Kittrick Canyon、Manzanita Springs、Smith Springsなど。ほかに歴史資産としてバターフィールド・オーバーランドメール駅馬車の廃墟がある(写真-4)。この地域は19世紀の西部開拓時代にはセントルイスからサンフランシスコを繋いだ郵便駅馬車の通過点であった。