previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider

クレオール・ネイチャートレイル

 クレオール・ネイチャートレイル
Creole Nature Trail, Louisiana
MY FA VO RI TE
ワニ横断注意の自然道

クレオール・ネイチャートレイルはアメリカ南東部、ルイジアナ州南西部にあり全長180マイル(288km)。このトレイルの起点となるレイクチャールズはアメリカ東西を結ぶインターステイツ10号線上にあり大自然とはいうものの交通アクセスはきわめてよい。
ルイジアナ州道14号、82号、27号、384号がネイチャートレイルの対象となっているが1本の道に繋がっている訳ではなく、車で走っていて時々道に迷いそうになる。周辺は小川や湿原、湖が入り混じるウェットランドで自然感満載。巨大なアメリカアリゲーターをはじめ野生動物の宝庫となっている。
クレオール・ネイチャートレイルは2002年にオールアメリカンロードに指定された。1989年にシニックバイウェイ法が成立し、考古学、文化、歴史、自然、レクレーション、景観の6項目を審議し120の道路が「ナショナルシニック・バイウェイ」に、30か所が最高峰の「オールアメリカンロード」に認定されている。
オールアメリカンロードのすべてを走行したわけではないが、好きな道はと聞かれれば、まずフロリダキーズ・オーバーシーズ・ハイウェイ(Florida Keys Overseas Highway)。マイアミから最南端キーウエストまで島伝いに海上を一直線に突っ走る、その爽快感は言葉にはできない。
次いで大河ミシシッピに沿って走る全長2069マイル(3329km)のグレート・リバーロード(Great River Road)。ミシシッピ川は氷河湖イカタスを源流とし10州を南下してニューオーリンズ湾に注ぐ。三番目はルート66(Route 66)。シカゴからサンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755km)の旧国道。古き良き時代を象徴する歴史街道だ。
こう考えてみるとアメリカの旅の魅力は「点」ではなく「線」、町と町をつなぐその線上に面白みがあると思う。もうひとつは「面」だろうか。例えば国立公園などにじっくり滞在し広大なエリアをぐるぐると巡るのもたいへん楽しい。