previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 キャッツキル

キャッツキル

Catskills, New York
森と渓谷のニューヨークリゾート キャッツキルはアメリカ北東部、ニューヨーク州南部にありステートパークの面積は2800平方km(1081平方マイル)、最高標高はスライド山の1274m。マンハッタンから北に90マイル、東京に例えるなら高尾山の感覚。大都会から2時間ほどの距離だが緑は深く、標高差の違いもあり真夏でも夜になると肌寒かった。
ニューヨーク州はエリー族、デラウェア族など多くの狩猟系インディアンが住む土地だった。16世紀以降、農耕系のイロコイ族やタスカローラ族がノースカロライナ州から流れ込み、これにニューヨーク州の領土化を狙うヨーロッパ勢が加わり土地の所有権をめぐる争いが頻発した。
インディアンは言語も文化もそれぞれに異なり民族ごとのアイデンティティと自尊心もひじょうに高く、彼らには結束して白人に立ち向かうという発想はなく、入植者による侵略が繰り広げられ
るさなかに先住民族それぞれが個々に戦うという状況だった。
キャッツキル山地の先住民はモヒカン族である。髪の真ん中を残して両サイドを剃り上げるヘアスタイルで知られるが、彼らは17世紀に衰退した。オランダのニューヨーク侵攻のころと重なるがモホーク族との戦いで敗退したのが真相である。
ロバート・B・パーカー(Robert Brown Parker)の推理小説「キャッツキルの鷲(A Catskill Eagle)」は当地が舞台だった。1973年の「ゴッドウルフの行方(The Godwulf Manuscript)」から数えてスペンサーシリーズの第7作目。60冊以上出版されているパーカー作品はずいぶん前にすべて読んだが、アメリカ旅行をする時には1冊を持ち歩いて読み直している。
主人公の恋人役スーザンといういけすかない女がこねる理屈に時にはイラっとするが、ストーリー展開と作者独自の美意識が相俟って全体的にはたいへん面白い。