previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 アーチーズ国立公園

アーチーズ国立公園

Arches National Park, Utah
2000以上もあるアーチ形の巨石群 アーチーズ国立公園はユタ州東南部に位置し面積は309平方km(119平方マイル)、最大標高は1732m。1971年に国立公園に指定された。
数億年前、内海だった当地の最高気温は摂氏60度。強い太陽熱で海水が蒸発し岩塩地帯となり、その上部に土砂が堆積し1000m以上の厚さを持った地層が形成された。
この地層が、4千年前の地殻変動により隆起し、コロラド川による浸食により岩塩層が溶解、水や風力の影響でアーチーズの特殊な地形が出来がったという。
当地はかつて先住民インディアンの土地だった。紀元1世紀頃から狩猟採集と農耕を営むアナサジ(Anasazi)族が居住していたが、不思議なことに15世紀のある時期に当地から消えた。
15世紀以降はユタ州の語源となったユト(Ute)族の棲みかとなっ
た。ユト・アステカ語族(Uto-Aztecan)に属する勇猛な山岳騎馬民族である。
アーチーズに数多くあるアーチの中でも、とりわけデリケートアーチはアメリカ国立公園を象徴する風景として広く知られている。(写真-1)。高さ17m。真下からだとアーチが空に聳えるように見える。
アーチーズはモアブ断層の真上にあり、景観の素晴らしさに加えて強いパワースポットの土地でもある。しかしデンバー、ソルトレイクシティの中間にあり車で6時間、さらに片道2時間を掛けて傾斜のきついトレイルを登る必要があり、その分、辿り着いた時の感動はより一層大きい。
きつい傾斜のトレイルを登っていても殆ど疲れを感じない。東京では運動不足で30分も歩けないのに、本当に不思議な感覚だ。まさに磁場の真上を歩くとはこのことなのである。