previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider
 アケーディア国立公園

アケーディア国立公園

Acadia National Park, Maine
オマールエビ、アメリカンロブスターの大産地 アケーディア国立公園はニューイングランド地方アメリカ北東部6州のなかでは唯一の国立公園。マウントデザート島を中心に南西の小島アイル・オ・オ、ベイカーアイランド及び本土スクーディック半島の一部が対象で面積は198平方km(76平方マイル)、1919年に国立公園に指定された。
急傾斜の海岸線と点在する小さな島々の風景は瀬戸内海の眺めに似ていて、日本人的な感覚で正直にいえば普通。急傾斜の岩場も、海から一気に800mも駆け上る小豆島の寒霞渓の絶景には到底及ばない。しかし大地の基盤が花崗岩であるという点では小豆島と同じ。
メイン州沿岸にあるマチャイアスシール島と周辺海域の領有権でカナダとアメリカは紛争中だという。国土面積世界2位と3位の大国がこんな小島にこだわるのかと不思議に思うが縄張りの問題は
いつの時代も厄介なのだ。
公園内にはロッジはなく島の北東部にある海岸沿いのBar Harbor Innに宿泊した。外観は素朴な造りに見えるが実は歴史あるホテルで19世紀末から20世紀前半におけるニューイングランド地方の社交の場として栄えたという。テラスから大西洋が望める部屋はとても雰囲気がよい。
やや気取り過ぎにも思えるダイニングの主役は当然の如くロブスター。アメリカ人はロブスターを有難がるが、僕はそれほどでもない。メイン州滞在中はどこへ行っても毎日ロブスターを食べたが味付けがワンパターンなので3日目で完全に飽きる。
日本の伊勢海老は刺身、蒸し、焼きから始まり唐揚げ、揚げ出し、鬼殻、具足煮、真丈、味噌汁などなどバラエティが豊富。ベイシックを尊ぶ気風は素晴らしいがロブスターにはもうちょっと変化が欲しい。